テスト投稿

しばらく、書いた記事が、消えてしまったり、アップされなかったりしたので、ここに来ることも見合わせてました。
そろそろ大丈夫でしょうかね。
試してみます。巧く行ったら嬉しい。

久々に・・

投稿してみます。
ずっと,エラーばかりで、送信出来ない状態が続いていたので、もう閉鎖しか無いかと思いました。
始めた頃と違い、最近は、ネットでの操作が、段々,難しくなってきて、もはや、アナログに戻るしか無いかと思いつつ・・。
でも、整理も、結構大変なんですよね。
そこで、思い立ったときに、ちょっと書いてみるような、気軽なブログに徹しようと思います。

画像を入れたり、コメントを返したり・・と言うようなことはもう出来ないと思いますが、自分の記録と思えば、それもいいでしょう。
嘗て、交流のあった人との再会もあるかと、ちょっぴり期待しつつ・・。

なかなか・・・

リニューアルということで、サーバも対応に追われているのでしょうが、トップページのデザインの変更が反映されなくて、困ってます。

古くからのユーザーですが・・

ブログ全体のリニューアルとかで、デザインが崩れ、正直、お手上げ状態です。

正直、付いていけません。

どうしたらいいのやら・・。

黙ってこのままにしておけば、やがて、自動的に閉鎖されるんでしょうかね。

テキストファイルだけでいいから、取り込む方法を知りたく思います。



早くも一月下旬

gasyoufuji.jpg


暮れから忙しい日が続き、正月はあっという間に終わり、一息ついたら、もう、あと数日で2月ではないか。

いつか黒柳徹子さんがテレビで言ってた。

「若いときは、一日が長かったけれど、段々日が経つのが早くなって、ある年齢以後は、10年が束になって飛んでいく感じ」と。


同感である。

多分、私だけでなく、ある年齢を境に、残り時間が少なくなると、皆、同じような感じを持つのかも知れない。


でも、気のせいか日が長くなった。

寒さももう一息。

一度くらい雪が降るかも知れないが、それも、春が来る印と思い、外出も控えて、音楽を聴いたり、なにか読んだり書いたりすれば良い。


今日,スーパーに行ったら、暮れの残り物ではなく、新しい食材が沢山出ていて、つい、余計に買ってしまった。

冬時にしか出ないチジミほうれん草も、葉っぱが肥えていておいしいので、二つ買い、夕食のおひたしにした。

無事に年明け

画像
その日その日を無事に過ぎることが、何よりと思うようになった昨今、ともかく元気に年明け。
年賀状も、数は減ったが書いたり、受け取ったり・・。

皆々様、どうぞ佳い年を。

今年初めての誘い

正月初日は息子夫婦のところ、4日はクリニック、5日は、義弟の家、と言うわけで、間にテレビ観戦の箱根駅伝とか、その他諸々、1日が早く過ぎてしまう。

先ほど掛かってきた電話は、ロンドン時代の友人からの誘い。
今月終わり頃に、吉祥寺で、会いましょうという。
彼女は、ご主人を昨年正月過ぎに亡くし、その後、しばらく落ち込んでいたが、時を経て、最近そういう気分になってきたらしい。
もう1人、仲良くしている人が、昨年秋、やはりご主人を亡くし、こちらは、結構元気で、趣味のゴルフにも行くらしい。
ロンドンから帰国後、3人で、吉祥寺辺りで会食したり、一緒に映画を見たりの付き合いが続いているが、亭主持ちは私だけになり、こちらから誘うのは遠慮していた。
でも、彼女たちが、会いましょうという気分になったのだから、喜んで、参加することにした。

年齢を重ねて以後の女友達はいい。
特に、私たちの若い頃は、結婚や出産を経て、専業主婦で過ごした人が多い。
社会の仕組みが、そうだったし、家事も子育ても、老親の世話も、多くは女達の手に依っていたし、機械化も進んでいなかった。
同じような体験を経ながら、その中で、海外生活経験などの縁があって、友達になった人たちは、「同士」という感覚も共有しているせいか、学校時代の友達、職場時代の仲間とは、また別の結びつきがあるような気がする。

電話のなかで、「私、最近、脳が衰えて、忘れたり、間違えたりが多いのよ」というと、「そんなのずっと前からじゃないの、お互い、似たり寄ったりよ、長生きするわよ」と、一笑に付されてしまった。
前回、会食してから、相次いで連れ合いを亡くした二人の友達、久々の会食が楽しみである.。